米国の大豆は、一貫した品質と実証済みの価値を提供します。

データをご覧になった後に何を変えますか?

10年前を振り返ってください—サステナビリティについて何をご存知でしたか? 当時、私たちのほとんどが頻繁に考えていたことは、言葉でも概念でもありませんでした。現在に時間を戻しましょう。バスタオルからモーニングコーヒー、衣類に至るまで、ほぼすべてのものがサステナブルであるように思われます。サステナビリティとは、素早く行き来する流行語の1つに過ぎないように見受けることもあります。

しかしながら、サステナビリティに対する消費者の需要は一過性のものではありません。サステナブルに生産された製品の需要は、大豆を調達する際の購入者にとって継続的でかつ、差し迫った検討事項です。米国の大豆業界はこの概念を非常に真剣に受け止めており、安全で持続可能な製品に対する需要が世界的に高まり続けているため、米国の大豆にはその準備が整っています。高品質で持続可能な方法で生産された大豆の信頼できる供給は、購入者にとって極めて重要であり、そのため米国の大豆農家はこの課題に取り組んでいます。

米国の大豆農家:サステナビリティの支持者

サステナビリティは、すでに数十年にわたってそれを実践している米国の大豆農家にとって、単なるソーシャルメディアのトレンドや、ハッシュタグではありません。当時、それは環境保護と呼ばれ、米国の生産者が砂嵐に応戦する方法が提供されていました。米国議会は、1935年4月に土壌保全法を可決しました。このことは、米国産大豆の持続可能性を率先する多くの基礎を築きました。現在、米国の大豆生産は持続可能性と保全に関する法律と規制における国家システムに基づいており、被覆作物、不耕起、ストリップ耕起、段丘、草の水路、緩衝帯など、米国の大豆農家による最良の生産慣行を慎重に実施しています。これらの方法およびその他の方法によって、農民はより少ない水の使用、土壌侵食を防止、エネルギー使用量の低減を実現できます。

持続可能な農業慣行は、米国産大豆の栽培と生産の基盤であり、農家は急増する人口に対して増大する食糧の需要を満たすために、より少ない労力でより多くのことを実行しています。

専門家(米国の大豆農家)が自分たちの農場で、持続可能性をどのように実践しているのかをご覧ください。

米国の大豆農家による持続可能性の実践および持続可能な米国産大豆の詳細は、[U.S. Soy YouTubeチャンネル上の「Sustainable U.S. Soy(サステイナブルな米国産大豆」をご覧ください。

米国産大豆:二酸化炭素の排出量がより低い

オランダの Blonk Consultants は最近、ヨーロッパ(およびその他)市場の他の調達国と比較した、米国大豆の環境フットプリントを調査しました。Blonkは、ライフサイクルアセスメント(LCA)を使用して、1 kgの大豆、1 kgの大豆粕を市場で粉砕したもの、1kgを原産国で粉砕したものを比較しました。

結果は次のように示しています:

  • 栽培は二酸化炭素排出の主な要因です。一般に、米国は収量が多く、肥料の使用は最小限、さらに効率的な機械を所有しており、これらすべてが、米国産大豆の二酸化炭素排出量を最小限に抑えるのに役立っています。
  • 土地利用の変化(LUC)は、二酸化炭素の排出量に大きな影響を及ぼします。南米諸国の森林破壊は、該当地域で生産される大豆の二酸化炭素排出量に悪影響を及ぼしました。米国は、公有林の保全において世界一の国です。
  • 1935年以来、米国農務省(USDA)は土壌保全プログラムを奨励してきました。米国の農民は、土地を受け取ったときよりもさらに良い状態で次世代に引き継ぐ目的で、土地の保護と育成に細心の注意を払っています。
  • 異なる原産の大豆による二酸化炭素排出量を比較する場合、畜産における大豆の影響は別の重要な要素です。Blonk Consultantsは、オランダの大豆粕市場の混合を含め、主にブラジル産とアルゼンチン産の粕で精製されるオランダの大豆粕と米国産の大豆粕との混合市場において、2013年のケーススタディから比較しました。分析の結果、二酸化炭素の排出量による家禽への総体的な影響は、米国の大豆粕の方が低いことがわかりました。

米国産大豆:検証済みの持続可能性

ほとんどの米国の大豆生産者は、自主的に、認定または監査済みのサステナビリティや保全プログラムに参加しています。持続可能な大豆に関する文書の供給を求める顧客の要求に応えて2013年に発足された、米国大豆サステナビリティ認証プロトコル(SSAP)は、全国規模で持続可能な大豆生産を検証する第三者機関によって監査される総合的なアプローチです。

SSAPは、米国の515,008の大豆生産者による最良の生産慣行における綿密な実践と組み合わされた、持続可能性と保全に関する法律と規制の国内システムに基づいて、米国大豆の出荷を持続可能なものとして認定しています。さらに、米国の大豆生産者は、自主的に、認定または監査済みのサステナビリティや保全プログラムに参加しています。現在、米国の64の輸出業者がこのツールを差別化要因として積極的に利用しています。SSAPは、独立国際貿易センター(ITC)のベンチマークツールを介して、欧州飼料製造業者連盟(FEFAC)の大豆調達のガイドラインに対して積極的にベンチマークされています。さらに2019年1月には、欧州委員会は、SSAP-REDを欧州連合の再生可能エネルギー指令(RED)に基づく自主的な認証プログラムとして承認しました。これまで、米国の輸出業者2社がSSAP-REDを使用して米国の大豆を輸出することが認定されています。

持続可能な大豆の需要が高まり続ける中、米国の大豆業界はSSAPを介して顧客のニーズに応え続けており、毎年さらに多くの大豆の輸出が持続可能であることが確認されています。2019/20マーケティング年度には、検証済みの持続可能な米国大豆が、全米における大豆輸出の 39% に相当する 2,130万メートルトン(MMT)がSSAPの下で世界中に輸出されました。

2013年にSSAPが開発されて以来、検証済みの持続可能な米国産大豆の輸出に対する需要の高まりは継続しています。

米国の大豆農家をバーチャルツアーでご覧いただくにはこちらをクリックしてください。

米国大豆サステナビリティ認証プロトコル
ダウンロード  

持続可能な農業における米国産大豆のリーダーシップ:UNSDGsへのマッピング

米国産大豆:U.S. Soyの最近の調査報告書である「グローバルな持続可能な開発への取り組み」では、米国の大豆産業がグローバルな持続可能な開発にどのように貢献できるかを検証しています。詳細な調査により、業界の優先事項および 国連(UN)の持続可能な開発目標(SDGs)を向上する機会がマッピングされました。SDGsは、貧困の終結、地球の保護、また2030年までにすべての人々が確実に平和と繁栄を享受できるようにすることを目的とした17の目標です。このような意欲的な目標の対象は、2050年までに97億人の世界人口に達すると見越しています。それらの17の目標と、それに伴なう169の基本的な目的は、コミュニティ、国、企業、および業界全体が経済成長、社会的包摂、環境保護に向けて同じ方向に進むことを奨励するための共通言語になっています。農業はSDGsに取り組む上で不可欠な役割を果たし、これらの相互に関連する17の目標すべてを結び付け、米国産大豆をこのソリューションの重要な部分にしています。

UN Sustainable Development Goals

世界的な産業として、米国産大豆は持続可能な農業慣行を採用しており、将来のニーズを満たす能力を損なうことなく、現在の大豆製品に対する世界的な需要に応えています。米国産大豆にとっての持続可能な開発には、大豆農家とサプライチェーンのすべてのリンクが経済成長に含まれ、製品の品質と商慣行に対する社会的期待に応え、かつ回復力を持つ農業慣行による環境保護が含まれます。

SDGを理解して優先順位を付けることで、米国大豆は持続可能性への影響とパフォーマンスについて、グローバルな顧客や利害関係者とより一貫した効果的なコミュニケーションを取り、最終的には顧客とエンドユーザーが持続可能性への取り組みを維持できるようになります。米国産大豆の業界は、持続可能な農業の研究と教育に投資しており、業界の持続可能性の目標を達成するための継続的な改善を支援しています。また、SSAPは国際的な大豆購入者に対するこれらの継続的な取り組みを検証しています。

調査により、米国大豆に関する15の環境面、社会面、経済面における重要な側面、または持続可能な農業におけるリーダーシップの役割を維持するために、現在および将来的に取り組むべき最も関連性のある要因が特定されました。この評価によって、特定のSDGとそれらの目標の下での狙いにマッピングするための基盤が提供され、持続可能な開発に向けた世界の進展を支援する上で、米国産大豆が最大の影響力を発揮する分野を特定しました。

マッピングプロセスにより、目標2に焦点を当てるように特定されました。飢饉撲滅は、評価によって特定された米国産大豆に関するすべての最優先事項として据えられます。大豆は、高品質のタンパク質を食事に供給するうえで不可欠な役割を担い、また、大豆の生産は、目標2の目的で強調されている回復力を持つ農業慣行を実施しています。

Zero Hunger

すべて目標2に対応する、3つの優先事項。飢饉の撲滅は、利害関係者の意見から由来:

  • 土壌の健康/炭素の隔離
  • 水の管理
  • 温室効果ガス(GHG)の排出量

17のSDGは相互に関連しているため、これらの上位3つの優先事項に向けた米国産大豆の継続的な投資は、結果的に他の5つのSDGも支援することを意味します。

  • 目標6:清潔な水と衛生
  • 目標12:責任ある消費と生産
  • 目標13:気候変動対策
  • 目標15:地上での生活
  • 目標17:パートナーシップ

そして、これら5つの分野での農業の進歩は、米国大豆の最優先事項であるSDG 2(飢饉の撲滅)の支援にもなります。

米国産大豆は、回復力のある農業慣行の研究と教育に重点を置いているため、大豆農家は、土壌の健康、水の管理、GHG排出に対処する慣行を継続的に改善することができます。目標2に概説されているように、米国の農場で採用されているこれらの持続可能性を実現する手法(また、その他)は、食料安全保障の達成と栄養の改善、および持続可能な農業の促進に積極的に貢献しています。飢饉の撲滅。これこそが、現在から未来の両方において、米国産大豆が、人々、繁栄、そして地球に最大の影響を与える部分です。

現在から2025年まで:

  • 米国の大豆農家は、土地利用への影響(ブッシェルあたりのエーカー)を10%削減することを目指しています
  • 土壌侵食(ブッシェルあたりのトン)はさらに25%を削減します
  • エネルギー使用効率を10%向上(ブッシェルあたりのBTU)
  • 温室効果ガスの総排出量を10%削減

これらの改善は、新しい技術の採用と実証済みの最良の管理手法によって実現されます。

米国の大豆農家による持続可能な農業慣行に対する取り組みは、貴重な環境資源を保護し、生産者が農業経営を次世代のために維持し保護するのに役立ちます。継続的な改善は、将来世代が自分のニーズを満たす能力を損なうことなく、現在のニーズを満たすのに役立ちます。

米国の大豆の85%以上は、米国以外の市場で消費されています。持続可能性の重要性は、開発済み、および開発中のすべての市場で高まり続けているため、米国大豆の国外のエンドユーザーの多くは、SDGフレームワークをグローバルな持続可能性への取り組みの指針として利用しています。詳細については、 米国産大豆のレポートをダウンロードしてください。グローバルな持続可能な開発への取り組み

米国産大豆:グローバルな持続可能な開発への取り組み
ダウンロード  

米国産大豆:あなたのサステナビリティ対策

農場から食卓まで、米国産大豆のバリューチェーンのあらゆるリンクが、持続可能性に深く取り組んでいます。米国の大豆農家は、自分たちの土地を管理し、植え付けから収穫までのすべての段階で持続可能性を実践しており、SSAPは全国規模における持続可能な大豆生産を検証しています。

SSAPは、大豆の購入費用を増やすことなく、消費者や投資家が求める持続可能な対策を企業に提供します。米国産大豆が、持続可能な大豆のニーズをどのように満たせるのかについては、最寄りのUSSEC担当者にお問い合わせください。