米国大豆は一貫した品質と実証済みの価値を提供します。

データを見た後、何を変えますか?

あなたが大豆のバイヤー、動物や水産養殖の栄養士、原料のバイヤー、または事業主であるかどうかにかかわらず、米国産の大豆がポートフォリオの主要な原料としての地位を獲得していることに間違いありません。科学に裏付けられた新しいデータによると、米国産の大豆が高品質の成分であるだけでなく、他の原産国の大豆よりも多くの栄養価を含んでいるので、事業の収益性を改善できることが証明されています。

長年にわたり、米国の農家はこれらの利点を知っており、販売の促進に利用していましたが、商業的主張を裏付けるデータがありませんでした。ほぼ10年にわたる調査と数千の試験サンプル、データキャプチャ、飼料分析を経て、ようやく具体的な数値と一連のツールを共有できるようになりました。これで、米国産大豆が他の国の大豆とどのように比較され、企業の収益性が向上するかを自ら確認できます。

米国産大豆の栄養素プロファイル

大豆ミールは、世界中の飼料産業の主要なタンパク質源であり、その重要性は世界中の人口が増え続け、動物性タンパク質の需要が高まるにつれて増加するでしょう。米国産大豆は、価値が高く、一貫性があり、より経済的な製品を提供するために絶えず革新を続けています。

新しいメタ分析(さまざまな原産国の大豆ミールについてこれまでに実施された品質レビューのうちで最も包括的)により、さまざまな原産国の大豆ミールの品質が明確になります。18件の研究と1,944個のサンプルのレビューでは、大豆ミールの化学組成、タンパク質品質、栄養価と原産国との間の関係が定量化されます。

「さまざまな国の大豆から生産された市販の大豆ミールの化学組成、タンパク質の品質、栄養価」という題名の分析では、アルゼンチン産、ブラジル産、インド産、米国産の大豆が対象に含まれていました。

この研究では、すべての大豆ミールが同じように作られているわけではないことが実証されています。この証拠によると、栄養士は、豚と家禽の飼料を配合する際に原産国を考慮する必要があります。

「この調査の主なポイントの1つは、さまざまな産地の大豆ミールの栄養価を評価するために、顧客はさまざまなマトリックスを使用する必要があるということです」と、Mateos博士は説明します。「タンパク質やショ糖の含有量のみに基づいて購入すると、実際には低品質の製品を購入してしまう可能性があります。したがって、購入決定を行う前に、この調査で取り上げる大豆ミールの栄養価に関連するすべての値を確認することが重要です。」

植物由来のタンパク源の中で、粗タンパク質の含有量が高く、バランスの取れたアミノ酸プロファイル、および高レベルの消化率を持っているのは大豆です。市販の大豆の化学組成、タンパク質の品質、栄養価についてさらに理解することで、農業面での重要な成果をより適切に判断することができます。

粗タンパク質

食品の窒素含有量を測定して計算すると、ブラジル産の大豆ミールでは米国産の大豆ミールよりも高レベルの粗タンパク質が検出され、アルゼンチン産の大豆ミールでは最低でした。しかし、最も重要なのは粗タンパク質ではありません。消化性と全体的なパフォーマンスが重要なのです。それでは、深く掘り下げましょう。

粗繊維(CF)および中性デタージェント繊維(NDF)

難消化性であるが部分的に発酵性の飼料成分として定義される、CF と NDF の両方の値は、米国産とアルゼンチン産の大豆ミールよりも、ブラジル産とインド産の大豆ミールの方で高値を示しました。これは、ほとんどの公開された研究と一致しています。

砂糖

大豆には、タンパク質とほぼ同じ量の炭水化物が含まれています。大豆ミールの炭水化物は、遊離糖、オリゴ糖、一部のデンプンおよび非デンプン多糖類で構成されています。特に重要なのは、二糖スクロースです。これは、大豆ミールに含まれると消化性のが高まるい炭水化物で、エネルギー含有量と飼料の嗜好性が向上します。ショ糖の含有率は、ブラジル産やインド産よりも米国産とアルゼンチン産の大豆ミールの方が高いことが判明しました。スタキオースなどのオリゴ糖についても同じことが言えます。一方、ラフィノースの値は低値でした。

アミノ酸

動物の機能にとって重要であるアミノ酸は、筋肉の構築や免疫系の調節からホルモンや神経伝達物質の生成まで、生物の成長と発達に関与しています。遺伝暗号を構成するアミノ酸は20種類あります。これらは、機能性タンパク質を作成するために無数の組み合わせで配置することができます。これら20種類のアミノ酸のうち、動物が自己生成できないものが10種類あります。動物はいくつかのアミノ酸を再利用して新たなタンパク質を作ることができますが、リジン、メチオニン、スレオニンなどの他のアミノ酸は飼料を通してのみ得られます。10種類の必須アミノ酸と10種類の非必須アミノ酸を含む大豆ミールは、必須アミノ酸の供給に対するコスト効果が高く、リジン含有量と消化率が非常に優れています。大豆ミールもスレオニン消化率で上位に位置しています。

エネルギー含有量

大豆ミールのエネルギー含有量は、タンパク質画分の含有量と消化率、ならびにショ糖、オリゴ糖、繊維の含有量に依存します。見かけの代謝エネルギー(AMEn)は、飼料配合用の大豆ミールのエネルギー値を生成するために使用されます。ただし、タンパク質画分の消化率やショ糖と繊維の含有量の違いは考慮されていません。そのため、現在のマトリックスは、米国産の大豆ミールのエネルギーへの実際の貢献を過小評価している可能性があります。粗タンパク質の含有量が低いにもかかわらず、米国産の大豆ミールはブラジル産の大豆ミールと同等またはそれ以上のエネルギー含有量を家禽および豚に与えており、タンパク質の消化率が高いことを示唆しています。

ショ糖の濃度が高く、バランスの取れたアミノ酸プロファイル、より高い消化率、代謝エネルギーの増進、および低い繊維含有量により、タンパク質の品質特性は、他の原産国よりも米国産の大豆ミールの方が優れています。メタ分析を読んで、ご自分の目で確かめてください。

さまざまな国の大豆から製造された市販の大豆ミールの化学組成、 タンパク質品質、および栄養価:メタ分析研究。
ダウンロード  

収益性:タンパク質以外について考える

豚と家禽の生産効率と収益性に関して、これらすべての特性はどのように機能するか? それが栄養士や飼料配合の専門家が知りたい内容です。Genesis Feed Technologies はこの目標を念頭に置いて、飼料コストを可視化するため、大豆栄養価計算ソフト(NVC)と呼ばれるソフトウェアツールを構築しました。

大豆栄養価計算ソフトは、メタ分析で提供された栄養データに基づいて構築されており、取引業者とバイヤーが世界市場での大豆ミールの経済的価値をより適切に分析するのに役立ちます。

Tこのソフトウェアは、地域の飼料メーカーを代表する飼料配合を考慮に入れていると、Genesis Feed TechnologyのCEO兼共同創設者 PeterSchott 氏は述べています。この計算では、食事の他のすべての成分の栄養価と価格も使用されます。

NVCは、米国の大豆ミールがブロイラー飼料のコスト削減に大きく貢献していることを示しています。

前述のメタ分析研究のデータを取り入れてコスト削減を比較すると、米国産の大豆ミールの割増額は、アルゼンチン産の大豆ミールよりも1トンあたり14.57ドル~23.24ドル高い範囲にあり、ブラジル産の大豆ミールよりも1トンあたり2.48ドル~10.26ドル高い範囲にあります。

Soymeal premiums comparison

米国の大豆および大豆ミール製品が、注目に値するアミノ酸やエネルギープロファイルなど、他の原産国の製品と比較した場合、多くの重要な栄養属性で首位に立っていることを科学的に裏付ける証拠です。

「アミノ酸とエネルギーはエキサイティングなことに思えないかもしれませんが、小さな変化は収益性の大幅な増加につながる可能性があります」と、Schott 氏は説明します。「私たちは、配合データと原料の品質および価格情報を組み合わせたプラットフォームを構築しました。現在、飼料企業は、情報に基づいた有益な意思決定を行うことができ、コストを削減できます。」

最終的に、このツールは取引業者とバイヤーが栄養士と直接連絡を取り、飼料への投資を通知するためのプラットフォームを提供すると、Schott 氏は説明しています。米国産大豆の国内代表者と一緒に大豆 NVC のデモを予約し、コスト削減だけでなく、全社規模で効率と収益性を向上する方法をご覧ください。

米国産大豆:信頼できる品質

事実:すべての大豆が同じように作られているわけではありません。

米国の農家は高品質の大豆を生産することで有名ですが、「品質」には大豆の用途と同じくらい多くの定義があります。一部の人にとって、高品質とは、粗タンパク質の含有率が高く、異物の混入が最小限で、サイズと外観が均一であることを意味します。しかし、スペインのマドリッド工科大学の動物科学教授である Gonzalo Mateos 博士の研究によると、品質はエネルギー組成にも影響を与えます。

世界的に有名な動物栄養士であるMateos 博士は、次のように尋ねています。「タンパク質の組成にほとんど(または全く)変化がないのに、エネルギーが大きく変動するのはなぜですか?」

「これは品質の影響を受けるためで、生産者が制御できない要因です。」 地域変数には、土壌の質とリン、鉄、カリウムの濃度が含まれます。これらは、土壌の種類や適用する肥料の種類や量によって異なります。さらに、Mateos 博士は、油とアミノ酸の組成は栽培された場所に基づいて変動し、緯度、湿度、温度、日光の時間に依存すると説明しています。これらはすべて、誰もが制御できない要因です。

「コーヒーも含め、すべての原材料の糖度は緯度と高度の影響を受けるため重要です」と、Mateos 博士は言います。「ほとんどの人は食事の質に関心を持っていますが、豆の質に関心を持つ必要があると思います。栄養価のない食品を摂取しても、排出されるだけです。」

赤道から離れるほど熱と湿度が悪影響を与えず、大豆の品質は向上します。Mateos 博士は、湿度の高い赤道に近づくと、貯蔵中や出荷の際に発芽する大豆の割合が増え、エネルギーを失い始めると説明しています。

「緯度自体が重要なのではありません。緯度は、日光、湿度、温度に影響を与えます」と、Mateos 博士は述べます。これは、米国産の大豆バリューチェーンによって展開された多くの慣行だけでなく、米国の農家が一貫して最高品質の大豆を提供できる理由です。また、Mateos 博士が説明するように、家禽、豚、魚などの動物にエネルギーや栄養素の源として飼料を与えるとき、重視する項目が重要になります。

あえて比較するDare to Compare:米国産の大豆、黄金律

メタ分析と大豆の NVC は、アミノ酸プロファイルに基づいて、米国産の大豆の優れたタンパク質値を示しています。また、種と開発段階に特有なさまざまな飼料配合の比較を通じて、米国産の大豆と他の原産国の大豆を比較した場合、米国産の大豆が企業にとって商業的に価値があると思われる理由を実証しています。米国産の大豆ミールを飼料に取り込むと、なぜそれが「黄金律」と見なされるのかがわかります。現在と将来において米国産大豆を使用する利点を比較してみてください。米国産大豆は毎年、収穫ごとに、実績のある一貫した品質、信頼性、価値を提供し、世界中の信頼できるパートナーとしての役割を果たしています。